エルゴインサート使用時に赤ちゃんの足はどうする?

エルゴのインサートは新生児の時から楽に抱っこできる商品として人気を集めています。

しかし初めてエルゴインサートを利用するときに戸惑うのは、赤ちゃんの足がどのようになるのかということでしょう。
ぜひエルゴインサートを使う時に足の位置がどこに来るのかを知っておいて、間違えないようにしましょう。

エルゴインサートの利点


エルゴベビー・パフォーマンス・インファントインサート

赤ちゃんは生まれてからすぐに成長を始めます。
そしてその成長は非常に速いため、抱っこひもなどによってその成長を妨げることが無いようにすべきです。
その点でエルゴインサートは非常によく考えられて設計されています。

特に赤ちゃんの股関節の成長を妨げないために、足が固定されることなく包み込まれる形になります。

ですから、抱っこやおんぶをしている時にどこに赤ちゃんの足があるのか、
どのような形になっているのかは赤ちゃんの成長に伴って変化していきます。

生まれて2,3ヶ月の時には赤ちゃんの足は見えないかもしれませんし、それ以上成長すると見えてくるかもしれません。
具体的にはインターネットの動画や写真を見てみると良いでしょう。

インサートの基本的な足の位置

新生児をインサートでつつむ場合には、赤ちゃんのお尻がボトムクッションの上に来るように寝かせます。
すると赤ちゃんの足は少し上に曲げて、少し開いた状態になります。

これが基本的な位置になります。
足がまだ短くて外に出ない場合にはインサートに入れたままの状態で試すことができるでしょう。





このページの先頭へ