ババスリングの口コミ

抱っこ紐は見た目がかわいいスリングがいいなと考えていて、デザインが豊富でおしゃれだったこと、新生児期から使えること、着脱が簡単なこと、そして安全面を考慮してババスリングを購入しました。

使い方のハウツーDVDが付いてきたので出産までに練習したのですが、いざ赤ちゃんを相手に実践すると難しさが段違いでした。

ババスリングは斜めがけして身につけます。自分が身につけるのは簡単なのですが、むにむにと柔らかく動く赤ちゃんを入れるのコツを掴むまで難しかったです。

赤ちゃんを無事に入れることができても、首に負担がかかっていないかなど新生児期はとても気を使いました。

またババスリングの抱っこでは新生児期は片方の肘で首を支えながら抱っこしなければならず、ババスリングなしの抱っこよりは楽で動きやすいのですがあまり自由に動けません。

なのでババスリングを付けて買い物をしたときは、うっかり赤ちゃんの頭をぶつけてしまわないか、首に負担はかかっていないか、かなり気を使いながら動かなければいけませんでした。

しかし密着感と安定感のおかげか、ただ抱っこしただけでは寝ないけどババスリングに入れて散歩をすると寝てくれたので、その点は助かりました。

ババスリングは紐が太く、肩に食い込みにくいとデザインになっています。とはいえ片側だけに赤ちゃんの体重がかかるのでかなり負担を感じました。

また両手が空く抱っこ紐と違い両手を自由に使えないので、抱っこしながら家事はできないし、買い物の時も不便を感じました。

ベビーカーで出掛けた際、ぐずって抱っこをしなければならない場面が何度もあったのですが、ババスリングで抱っこしながらベビーカーを押すのはなかなか骨が折れました。

結局ババスリングだけでは家事や買い物が大変だったので両手が空いて使えるタイプの抱っこ紐を別で購入。

対面のみのババスリングと違い、対面とおんぶができるのでおんぶしながら掃除などの家事ができるようになり、抱っこ紐購入後はババスリングの出番もぐんと減ってしまいました。

ババスリングは子供と顔の距離が近く、目を合わせて表情を見ながら会話ややり取りができるので、お散歩やちょっとしたお出かけなど余裕がある時にはとても便利です。

でも日常生活を送る中で抱っこ紐をババスリングひとつだけでこなすというのは難しいな、と思いました。両手が完全に空いて使える抱っこ紐と、サブでババスリングがあると便利かなと思います。





このページの先頭へ