装着が簡単だが、ベビービョルンは体重が重くなると肩こりで使えなくなる

ベビービョルン ベビーキャリアオリジナル
第一子妊娠中から、抱っこひもを探しており、ベビー用品店は出向き、実際に試しに装着してみたり、ネットで調べて探したりをしていました。
迷った挙句、ネットでもお店でも一番人気だと言われた、別の抱っこひもを初めに選びました。
首すわり前から使用するためには別売りの物が必要と言われ、そちらも合わせて購入しました。

出産を終え赤ちゃんが生後一か月を過ぎたころ、外出する際に使ってみようと思ったのですが、、。
「難しい」この一言でした。

まだ首も座っていない赤ちゃんを片手に抱え、片手で装着する、、。
一人ではできず、主人にも手伝ってもらい、なんとか装着できました。
しかし、「これで本当に合ってるの?」と心配になるほど、ベビーの体が窮屈だったり、頭が不安定だったんです。

「せっかく買ったんだし、使わなきゃ」そう思ったのですが、一人で装着できないんじゃ話になりませんでした。
だからといって抱っこひもなしでベビーカーのみ、というのも、階段やエスカレーターを使えないし、いろいろ不便で、、。
思い切って、別のもっと簡単に装着できそうな抱っこひもを買ってみようと決心しました。

そうして二度目の抱っこひも探しをはじめました。
一回目よりも念入りに、次こそいいものをと意気込んで探しました。
そして見つけたのがこのベビービョルンの抱っこひもでした。

まず結果から申し上げますと、買って大正解でした。
なんといっても装着がかなり簡単です。
もちろん一人で装着できます。

まず抱っこひもの紐の部分を自分の肩に通し、
次に抱っこひもの本体を広げ、そこに赤ちゃんを乗せ、あとは紐と本体をつなげる、それだけなんです。

赤ちゃんの頭や体も安定感があり、窮屈そうな感じもありません。
とにかく首すわり前の赤ちゃんを抱っこするのにすごくいいです。

抱っこひもといえば大きくてかさばるイメージがありましたが、この抱っこひもは抱っこひも自体が軽くてコンパクトな作りになっているので、小さく畳んだり丸めたりしてカバンにし入れておけるのも好きなポイントです。

首が座ったら、対面抱き以外にも正面を向かせて抱っこするもともできます。
いつもと違った景色を見せてあげられます。
うちの子はこれが結構好きだったらしく、いつもニコニコしていました。

ただこの抱っこひもは肩のみで支えるタイプなので、赤ちゃんが重くなってくると肩への負担が結構あります。
私は8キロになったくらいでギブアップでした(笑)

ですが赤ちゃんが小さいうち、特に首すわり前は本当に役立ちました。
友人にも出産祝いで贈ったら、絶賛していました。
初めて抱っこひもを買う方、おすすめです。





このページの先頭へ