西松屋のBuddy Buddy ひも式抱っこひもの口コミ

こちらの抱っこひもは西松屋で\2,478です。

1:まず値段が手頃であること。

やはり値段が手頃であることはとても大事です。
抱っこ紐は用途に分けていくつかあると便利です。

2:普通に抱っこもでき、何よりおんぶができること。

2才半の甥っ子が特にぐずった時、おんぶをすると機嫌がよくなります。甘えたい時なんかもよくこの紐を持ってきて「おんぶして~」と言ってきます。抱っこだと抱きながら家事や何か作業をするのは不便でも、おんぶであれば、おぶりながら色々と作業ができるのでとても重宝しています。

時短にもなります。主婦の方は家事もしつつ子育てしつつなので、首がすわっておぶれるようになると、おんぶが出来るというのはかなり重宝しますよ!

また、赤ちゃんもおんぶよりも視界が高くなるせいか、いつもと景色の見え方が違って楽しいようでとても喜んでいます。
3:このおんぶ紐の肩に当たる部分がきちんと太くなっており、綿もしっかり入っているので子供の重さがずしんと肩にくる負担が少ないです。細い紐だと食い込んで長時間は抱っこしているのが辛くなってくるので幅や厚みはとっても大事です。

4:色が3色あります。うちには濃いグレーがあります。あまり明るい派手な色だと男性や祖父母が使うにはちょっと使いづらいですが、これは使っていても違和感ない色とデザインなのでお勧めです。

5:サイズも小さく畳めて持ち運びにも軽いので、ちょっとしたお出かけにカバンに入れておくのにも重宝します。外出先でお子さんがぐずったり、寝てしまったり、抱っこして~って言いだすことはしょっちゅうだと思います。そんな時に何も持たずに外出したことがあり、後悔したことがあります。

ベビーカーもちょっと出かけるには色々不便な時もあります。また、本人も歩きたいと言っていてもやっぱり抱っこ~と言われることが2歳になるかならないかの時はよくありました。かさばる抱っこひもだとちょっと近所に散歩に連れていったり、買い物に行くときには荷物が重くなってかさばってしまうので、ベビ-カー同様持ち運びしたくないものですよね。

折り畳みと同じような感覚で、万一の為に備えて。という感じで持っておけるので、だいぶ便利です。

その他の抱っこひももいくつか持っており、いわゆるエルゴもありますが、持ち運びにであったり、さっと使ったりするにはこちらの方が便利なので
用途に分けて使用するのにとてもお勧めですよ。





このページの先頭へ