ベコバタフライⅡを使った口コミ

持っている抱っこ紐、おんぶひも、スリングの商品名を教えてください。

ベコバタフライⅡ

ベコバタフライⅡを選んだ理由や感想を教えてください。

わたしは147センチ40キログラムととても小柄です。赤ちゃんが生まれて、まわりのママたちはエルゴを使用しているママが多かったのですが…。

ちょっと着けさせて。
お願いして借りてつけてベビーを入れてみたんですがどうも違和感が…。とにかくガッチリとだっこヒモだけが大きく見えて…。

インターネットで小柄なママでも口コミの良い抱っこひもを探してみました。
するとベコバタフライⅡというのが小さな身長のママはもちろん180センチくらいのパパでも使用できる!というなんとも広い範囲での使用が出来る優れものらしい…。

しかしお値段も思ったよりもお高くて三万円近い(正規品の新品を定価で購入したかったので)ものだったので抱っこひもに関するいろいろな口コミはもちろん、ママブログなども読んで徹底的に探しました。

どう考えても良さそうだから思いきって買おう!
ベコバタフライⅡが届くと、中にはDVDが。どうやら装着方法が難しいらしくDVDを観ないとむずかしいのかも。。。
不器用なわたしはDVDを何度も観てから実際にベビーを入れる練習をしました。

まだ3ヶ月だったので、抱っこひも装着の練習でソファーにおかれる度に驚いて号泣していました(笑)

新生児用のインサートは使用しませんでしたが、抱っこ中に寝てしまったときのヘッドレストはとても重宝しました。

何度も練習していくうちに、泣いてばかりだった息子はすっかり抱っこが大好きになりました。
手での抱っこよりもベコバタフライⅡに入れて前に抱っこしているとすぐに眠ってしまうようになりました。

これがきっかけで冬生まれで泣きの激しかった息子との外出が怖かったのがすっかり怖くなくなりました。
首が座ってからは、後ろに回しておんぶスタイルにするようになってからは、なんとおんぶからそっとおろせばお布団でお昼ねもしてくれるようになりました。

本当に手放せなくて一歳近くまでこの抱っこヒモを洗う事さえ恐れたほど。無いと眠らないし、夏場はママの汗とベビーの汗で結構臭くなってしまいました(笑)

結局、ヒモを調節して2歳過ぎまでお昼ねの儀式としてこのベコバタフライⅡを使用しておんぶしていました。その後も懐かしがって入りたがりましたが、身体が大きくなって抱っこヒモには入れなくなり、他の欲しいと言っているママにあげました。

ベコバタフライは身長の低い人から背の高い男性まで幅広い範囲の人に有効です。
とても使いやすい設計で長い時間つけていても肩凝りや腰痛になりません。

とてもおすすめです。





このページの先頭へ