ビョルン、コンビファースト、マンデュカの比較

持っている抱っこ紐、おんぶひも、スリングの商品名を教えてください。

ビョルン、コンビファースト、マンデュカ

抱っこ紐等を選んだ理由や感想を教えてください。

新生児から使えることが大事でしたので、コンビファーストを選びましたが、実際使ってみると、行動が制限されるため、一人目はいいかもしれませんが、二人目以降はビョルンが両手が使えるうえ、男性でも使いやすく、よかったです。ただ、ビョルンは背中や、肩が痛くなるうえ、長時間使おうと思えば、身体的負担が結構多かったように思います。
最終的にマンデュカに落ち着きました。マンデュカは新生児から使えるうえ、両手も使え、おんぶを長時間しても大丈夫でした。

ビョルンの生地はメッシュになっていたので、密着しているために汗を良くかきましたが、そこまで不快には思いませんでした。マンデュカも、オーガニックコットンということで、肌触りもよく、洗濯を良くできたのでとてもよかったと思います。コンビファーストは、結局あんまり使わなかったです。使用パターンもいくつかあり、柔らかく、赤ちゃんにはよさそうでしたが、便宜性を考えるとやは理あまり使うこともなく終わってしまいました。

値段的にはどれも同じくらいでした。使用頻度、便宜性などをすべて含めると、新生児から8Kgぐらいまではビョルン、そしてそれ以降はマンデュカというパターンが一番使いやすかったように思います。私の場合、男性にも使えることが大事でしたので、共有している場合、いちいち調節しなおさなければいけないのが面倒くさいという問題があります。ビョルンは引っ張ればやり直せますが、マンデュカはいちいちしめなおさないといけないので、ものすごくやりづらかったです。私はおんぶできましたが、男性はおんぶを一人ですることができず、結局前むきの抱っこで使っていましたが、最終的には使用自体をやめてしまいました。

長く使えることもすごく大事なのですが、長く使えるが故おんぶやだっこばかりしてしまって、ベビーカーになれないこどももいます。そのため、母親の身体的負担がかなり増えるので、良し悪しなのかもなー、と思うこともあります。

私は海外在住なのですが、海外ではベビーカーを使用することが多く、公共交通機関でも、大きなベビーカーのまま乗れることが魅力です。日本では、ベビーカーを使用できますが、電車やバスなど、ものすごく肩身の狭い思いをすることになり、抱っこ紐は必需品だとおもいます。そのため将来的に、軽さ、長期間使用可能、両手が使える、洗えるといった条件が重要になってくると思われます。調節のしやすさ、生地や模様などは大事ですが、二番目の条件と思われます。しかし、マーケティングをかんがえると、そういった条件のほうが、重視されるのかもしれませんね。





このページの先頭へ