新生児からガンガン使えるベビービョルンの感想

持っている抱っこ紐、おんぶひも、スリングの商品名を教えてください。

ベビービョルン

ベビービョルンを選んだ理由や感想を教えてください。

新生児からガンガン使いたかったので、首がすわらなくても装着可能というベビービョルンを選びました。
各種シリーズにより、テキスタイルのバージョンが違いますが、私が使っていたのは、メッシュ素材のものです。メッシュ素材は通気性がよく、また軽いというのがメリットなのですが、ちょうど抱っこしたときに、赤ちゃんの首から頭にかけてをホールドする部分には別売りのカバーがあります。それを付けていれば、抱っこ紐が汚れることもなく、汚れてもそのカバーを洗えば清潔を保てるので、とても重宝しました。

カバーは、タオル地なので肌触りがよく、肌の敏感な赤ちゃんの頭に触れても優しく安全です。
抱っこ紐は毎日使うものだし、1日何度も着脱するので、清潔を保てるというのは、お母さんにとっても、赤ちゃんにとっても嬉しいことです。もちろん、抱っこ紐自体を洗ってもすぐに乾くのでありがたいです。
また、装着が簡単にできるというのも特長の一つです。

接続部分がプラスチック製の金具でできているので、カチッとなるまでしっかりと付けていれば、外れたり取れたりする心配もありません。しかも、力のかかる部分は、上から下に引っかかる仕様になっているため、ものすごい不可抗力がかからない限り、取れて赤ちゃんが落下するということはないと思います。軽くて、装着もしやすく、安全性も高いというベビービョルンです。

赤ちゃんが1歳くらいになると、外の世界に興味を示し始めますので、お散歩などの外出も多くなってくるのではないでしょうか?でも、好奇心旺盛な赤ちゃんは、すんなりベビーカーに乗ってくれないこともよくあることです。そんな時、ベビービョルンの抱っこ紐だと、なんと赤ちゃんを外向きに抱っこすることができるんです。これまでずっと、お母さんの胸の方ばかり向いて抱っこされていたことに慣れていた赤ちゃんは、外向きに抱っこされた瞬間、おっかなびっくりですが、やがて目の前にある新しい世界に夢中になって、ご機嫌です。

ベビービョルンは、お母さんの胸に向けての抱っこ、外向きでの抱っこ、おんぶ、と3パターンの使い方がありますので、お値段的には少し高めのものですが、かなり使えると思います。また、外出先で不要になった際、小さくたためるのでかさばらず、携帯に便利なことも、ただでさえ荷物が多い赤ちゃん時代のお母さんには、とってもありがたいです。たくさんの種類がある抱っこ紐から、一つを選ぶのはとても悩ましいことですが、デザイン性だけでなくご自分の子育てスタイルに合ったものを選ばれることをお勧めします。





このページの先頭へ