流行りのエルゴが嫌で、コランビギに。横抱っこは使用しませんでした

持っている抱っこ紐、おんぶひも、スリングの商品名を教えてください。

アップリカ コランビギ

コランビギを選んだ理由や感想を教えてください。

エルゴがあまりにも流行っていたので、人とかぶるのがいやだったので、エルゴ以外にしようと思って抱っこ紐を買いに行きました。

お店で、実際に装着しながら自分にしっくりくるものを探せる場所をさがして行きました。

お産入院が終わって、退院の際に旦那の仕事の都合がつかなかった時を考え、1人でも赤ちゃんと荷物を持ってタクシーに乗れるよう、新生児から使えるものを探しました。

また、おんぶもできるタイプが良かったので、新生児を横抱っこで抱えられて、おんぶも抱っこもできるこのタイプに決めました。

実際に、退院の際は主人が迎えに来れたので横抱っこは使用しませんでした。

1ヶ月検診の時も主人がいたので、特に抱っこ紐は必要とせず、1ヶ月検診が終わった後、ふとコンビニに用事があったので、その時に初めて横抱っこを使用しました。

ぐっすり寝ているときを見計らって装着し、横にした赤ちゃんを抱えたまま、肩ベルトを頭からかぶって片方の肩で支えてタイプだったのですが、あまりの重さにびっくりしました。

往復で5分程度、初めて赤ちゃんと2人で外出をしましたが、重さと動きづらさで一時間かかったような気分でした。

その反省から首が座るまではベビーカーを使って外出していましたが、我が子は生後2ヶ月になる前に首が座ってくれたので、そこから前抱っこを試してみました。

横抱っこに変わってからは、両肩で支えられるので、とっても楽チンだし、腰ベルトが付いているので、腰にも負担をかけずに使用できて快適でした。

なにより、あんなに寝かしつけに苦労していた我が子が、歩く振動ですやすや眠り、しばらく起きないことに本当に感動したことを覚えています。

3ヶ月を過ぎたあたりから、今度は家事の時におんぶを試してみました。

使えないことはありませんが、おんぶの時に手を出してあげるのが難しい構造なのと、前抱っこの時の腰ベルトの長さだと、おんぶの時はしっくりくる長さではないので調節に苦労しました。

そして我が子は、おんぶを嫌がる子だったので、おんぶとしてはあまり使いませんでした。

結局、前抱っこの時に使い続けて、一歳になる前まで使用しました。
そこからは腰が座ったので、お店のカートに乗せた方が楽だっからです。

一年後第二子が生まれましたが、その子も首が座ってからいろいろ違う抱っこ紐を試したものの、この抱っこ紐がしっくりきたので、お下がりで使ってます。

赤ちゃんがよく舐めてしまう肩紐のあたりによだれパットが付いているので、洗うことができて清潔ですし、丸洗いしてもすぐに乾くので重宝しています。

購入して3年経ちますが、色褪せがあるものの、抱っこ紐自体が壊れたり、ほつれたりということは一切ありませんので、丈夫にできています。





このページの先頭へ