肩で支えるタイプなので月齢があがると肩こりがひどかったです(ベビービョルン)

持っている抱っこ紐、おんぶひも、スリングの商品名を教えてください。

ベビービョルン

ベビービョルンを選んだ理由や感想を教えてください。

長女の時に購入したのでもう8年ほど前になりますが、現在4か月の3女にも使っています。
その当時はほかに選択肢があまりなかったので、首すわり前からでも使える、と謳っていたベビービョルンを購入しました。申請時から使える抱っこ紐はほかにもいろいろありますが、第一子だったこともあり、新生児のころは自宅にほぼいましたので、横抱きの抱っこ紐を使う必要がなく、また別売りの新生児用のパーツが必要だったりと何かと面倒そうだったので、シンプルにベビービョルンキャリアを購入しました。

装着方法もシンプルで、紐の長さの調整も簡単にできましたので、私だけでなく、夫やほかの人にもそれを使ってもらい抱っこしてもらうことも多かったです。
一番のメリットだと感じたのは、抱っこ紐を使っているときに赤ちゃんが寝てしまっても、簡単に外せるのでそのままそーっと寝かせることができることです。

赤ちゃんの背中スイッチを作動させることなく寝かせられるので、寝ぐずりの時などはしばらく抱っこ紐で散歩をして、眠りに入ったところでそのままそっと降ろして寝かせることが多かったです。
ある程度大きくなって来たら前抱っこをしてあげるのも喜びました。特に動物園などに出かけるときは前抱っこお勧めです。対面抱っこですと、赤ちゃんが首を横に向けないと外の視界を見ることができませんが、前向きに抱っこしているので同じ視線で楽しめます。

ただ、赤ちゃんが眠い時などは対面抱っこのほうが落ち着くようでした。顔を合わせることもできますし、お母さんの鼓動を聞くことで落ち着くようでした。

今のモデルだと腰で支えるものも出ているようですが、私が持っているものは肩のみで支えるシンプルなものですので、ある程度の月齢になると肩にものすごい負担がかかりました。ただ、抱っこできるのもほんの数年。できるだけ抱っこをして子育てをしたかったので歩きたがるようになるまで極力抱っこで育児をしていました。抱っこばかりでは抱き癖が付くから、と義母にはいつも言われましたが、抱っこをすることで子どももそして私も満たされるので、ベビーカーもありましたが抱っこをしていました。

現行のモデルではメッシュ素材のモノもあるようで、これも魅力的だと思います。暑い季節は抱っこしているほうも、抱っこされているほうも密着しているのでとても暑いです。そして、抱っこ紐は丈夫に作ってあるので熱がこもります。でもメッシュ素材ならば熱を逃がすことができるので、通常のモノよりは快適に過ごせるのではないでしょうか。

また、悩みだった肩こりも、最近のモデルでは腰で支えるものも出ているようで、子どもの重さを3つに分けて抱っこできるのでこれは3女のためにもほしいなあと思っているところです。
抱っこ紐は私の育児では欠かせないスーパーアイテムです。





このページの先頭へ