ニンナナンナCタイプ・ぎゅっとだっこホールドの感想口コミ

持っている抱っこ紐、おんぶひも、スリングの商品名を教えてください。

ニンナナンナCタイプ・ぎゅっとだっこホールド

ニンナナンナCタイプ・ぎゅっとだっこホールド
を選んだ理由はなんですか?

1歳を過ぎて歩き始めると、エルゴなど動きがとれなくなる抱っこ紐を嫌がってはいってくれなくなりました。それでもまだ歩ける距離は短いので抱っこ紐は必須。

簡単に抱けて、簡単に降ろせる椅子のような抱っこ紐を探したところ、この商品にたどり着きました。ベビーカーもぐずって乗ってくれなくなったので、かなり使用しました。1歳を超えて新しい抱っこ紐、というのもコスト的にどうかな?と心配していましたが、元はとれるくらい使い倒したと思います。次の子どもが生まれるときも同様の商品がでれば、購入を検討したいです。

見た目が良いわけではないですが、使わないときは肩からかけておけるのもちょうど良く、子どもがよく自分で肩からかけていました。

ニンナナンナCタイプ・ぎゅっとだっこホールド
を使用した感想を教えてください。

ウエストバッグのような見た目で、子供のお尻をしっかり固い板で支えてくれます。体の部分は、腰まで板が伸びて支えがあり、胴の部分を細い紐で巻いて固定するという形状です。

体重制限はありますが、前向きにも使用することができ、かなり自由がきくので子供は楽しそうです。月齢が低かったり、まだ身体がしっかりしない子だとちょっとぐらついてはじめは不安定かもしれません。

お互い慣れてくると 抱っこの補助という感じで使えるので、使いやすく便利でした。

普段は肩からかけており、必要なときは腰に装着して抱き上げて乗せるだけ。抱っこが長くなりそうなとき、両手を開けたいときは紐で固定という風に使っていました。
腰の横に乗せるだけなので気軽に使えるところ、降りたくなったらすぐに降ろせるところが良かったです。座る部分がしっかりとした板なので、しっかりと支えてくれて、抱っこもしやすいです。

寝てしまうときはちょっと注意が必要で、やはり胴部分は細い紐だけなので、しっかりと自分のからだに引き寄せる、支えるなど工夫が必要でした。

夫も抱っこが重くなってきた頃につかっており、サイズの調整もしやすいので夫婦共用で活躍してくれました。小さい赤ちゃん向けのメイン抱っこ紐というよりは、街中、出歩き用のサブの立場で使うのがおすすめです。

ちょっとだけ小銭を入れるスペースもあるので お使いくらいならこのだっこ紐だけででかけることもあり、子どもも気に入ってくれたのでとても重宝しました。





このページの先頭へ