エルゴ、ベビービョルン、フェリシモ、スリング、西松屋のおんぶひもを使用した感想比較

持っている抱っこ紐、おんぶひも、スリングの商品名を教えてください。

エルゴ、ベビービョルン、フェリシモ、スリング、西松屋のおんぶひも

エルゴ、ベビービョルン、フェリシモ、スリング、西松屋のおんぶひも
を選んだ理由はなんですか?

月齢に合ったものを購入していたら、数が増えていきました。またエルゴは二人目で購入したのですが、時代によって新しいものが出てくると、買ってみようと思います。スリングは上の子の時代には推奨されていましたし、時代によって抱っこひもの流行が変わるというのもあると思います。

エルゴは二人目のおんぶ用に、ベビービョルンは新生児でも抱っこできるから、フェリシモは軽くて小さくなる、スリングは新生児の寝かしつけ用に家でも使える、西松屋のおんぶ紐は首と腰が据わってから家で家事をするため、というのが購入のポイントでした。

エルゴは流行っていたので、友達からのプレゼントにリクエストしました。他は自分でネットや西松屋で購入しました。

エルゴ、ベビービョルン、フェリシモ、スリング、西松屋のおんぶひも
を使用した感想を教えてください。

エルゴ・・・肩ひもがかっしりとしていておんぶがしやすいし、安定感があり、見た目もいいです。ただ腰ひもが分厚くて、夏は暑いです。おんぶしているときに、寝た時用の布をかぶせるのは自分ではできないので、ほとんどしたことがなかったです。おんぶで自転車も乗ったし、外ではエルゴで寝かしつけてベビーカーに置いたり、大活躍しました。抱っこの状態から後ろにひょいと動かすのも、何度かやったら簡単にできるようになりました。

丸める方法を教えてもらってからは、小さく丸めてバッグに入れることができて便利でした。見た目にはわからないが、汗やよだれはたくさんついていたと思うので、洗濯機でジャバジャバ洗いました。赤ちゃんの口が来る部分につける布をいただいたのですが、どうせ本体ごと洗うし、必要なかったと思います。月齢が小さいうちは、埋もれてしまうのが難点でした(新生児用のオプションをつけなかったので)。

スリング・・・上の子は抱っこで寝かせるのが大変だったので、新生児時代からスリングに入れて揺らして寝せてました。スリングだと片手は飽くので、新生児のうちも、スリングに入れて簡単な家事をしたりトイレに行ったりしていました。スリングに入れたままだと、ベビーベッドなどに置いてもばれずに起きなかったので、スリングから出さずそのまま置きました。ただ首と肩に重みが来るので、長時間はきつかったです。夫に抱っこを交代してもらう時も、ひょいと入れたまま渡せるので、便利でした。

ベビービョルン・・・前向き抱っこができるので、子供がきょろきょろしていて、楽しんでいたように思います。ただ、固定されるので、自由が好きな下の子は、動けないためまったく受け付けず最初から泣いていて、一度も使えませんでした。ただ、うちの子は背や体重が大きくて、1歳を過ぎたくらいからはサイズ的に難しくなり、使えていないため、コストパフォーマンスはよくないと思いました。エルゴは3歳前くらいまで使えたように思います。落下の心配は全くないので、一番安心な抱っこひもだったと思います。エルゴ同様、布が厚いので、夏は暑くて親も子も大変でした。

西松屋のおんぶ紐・・・エルゴがまだなかった時代でした。おそらく昔ながらのもので、胸の前でバッテンするものです。最初慣れるまでは装着が大変でしたが、慣れてからは家事の時に使ってました。おんぶしたまま家事をしていて、お風呂場に入るときに、子供が顔を横に出していて、扉の横の壁にガン!と当たって大泣き、心配したことがありました。

それからは扉を通るときは、真ん中あたりをソロソロとゆっくり移動するようになりました。おんぶしたまま鏡を見ると、子供はいつも楽しそうな顔をしていました。ただ、寝たからベッドなどに置こうと思っても、置くときにかなりの確率で泣いてしまうのが難点でした。値段は2000円くらいでとても安かったので、その点は良かったと思います。

フェリシモ・・・あまりコンパクトな抱っこ紐がない時代だったので、画期的だったのか、結構使っている人がいました。サイズ調整などがなく、スポンと入れるタイプだったので、装着は楽なものの、下に落ちたものを拾う際など、赤ちゃんが落下しないかと心配でした。実際、落ちそうになってヒヤリとしたこともありました。布も薄いし、余裕があって、夏は良かったように思います。

寝てしまったときに支えとなる部分の布が全くないため、寝てしまうと腕で支えないといけないため、出かけて寝てしまった時は大変な思いをしました。小さくたたむことができたので、万が一、抱っこすることがあれば、というときの保険にも持っていきました。しかしエルゴが現れた下の子の時代には、エルゴに取って代わられ、フェリシモは全く使用することがなくなりました。





このページの先頭へ