安全性の高い縦抱き横抱きができるアップリカの口コミ

持っている抱っこ紐、おんぶひも、スリングの商品名を教えてください。

アップリカ

アップリカの抱っこひもを選んだ理由はなんですか?

装着が安易と感じ購入を決めた理由ですが、まずネットで抱っこひものあらゆるメーカさんを見ましたが、なかなか安易にできそうに思えるようなものが見てみるとなかなか見つからなかったですが、アップリカの商品のみが装着の安易さを感じました。

安易に着けられる部分というのがまず、こどもの足の固定される部分で、ワンタッチででき、またこどもの股関節に食い込みが少なくて良かったところにありました。

そして、自らが抱っこするにあたり、自らの腕を抱っこひもに通すことに時間をようさず、肩が安定して抱っこひもが固定されており、長時間でも耐えられ、軽量に設計されたものだった為、常に抱っこをしたり背負う形にへも変化しやすく、こどもの負担が、少なかったためです。

アップリカ抱っこ紐を使用した感想を教えてください。

こどもが一歳ころまではあまり使用しなかったのですが、だんだん使用するようになり、横抱きをするとかなりおもさを感じるものの、安定感があり安心感がありました。

子供自身も、そのまま揺らすと寝てしまい、かなりここちの良さをうかがえていました。

こどもが、アップリカでたて抱きをするとかなりのけぞりましたが、それでも足をぬくことなく固定されており安全性をえられています。
こどもが、安全に、身体が固定されることが、なにより大切に思います。

子供自身はあまり抱っこひもを好きには思っていない面があるのですが、なれてくると、自ら抱っこひもに対し、体を横にし、抱っこひもをしてほしいという体せいをとるようになり大変良かったと思いました。

親の方がアップリカ抱っこひもになれるようにもならないと、こどもも安心感をえられないようで、親である自分は何度もうでを通したり固定する練習をして抱っこひもをする形をとりました。

泣き止まないときは抱っこひもをいかに変化させて、こどもをいかに、安全に体の変化をとらせるかは大変重要に感じるものでした。
子供は、素直ですし痛みがすこしでもあれば体をのけぞり泣いてしまい、辛いですので、やはり少しも痛みのないようにしっかりと安定して抱っこひもができていることが、いかに大切かを知りました。

なかなか抱っこひもはあやす時間をいかに短縮したりこどもの負担感を減らすように使用するかが、大切にも思いましたし、拘束にならない程度にゆとりを持って行える必要も高く感じました。





このページの先頭へ